ギター弾き語り

『時代おくれ』弾き語りしました

亡き、阿久悠氏が作詞、そして亡き河島英五氏が歌った「時代おくれ」を弾きました。

この歌の歌詞には思慕とも思える強い憧れがあります。

  • 1986年発売
    1991年再リリース
  • コード:Am
    カポ:3
弾き猫

ストロークが苦手なので、全部アルペジオで弾いているけど
通しでストロークでも、サビだけストロークでもいいですね!

歌詞が素晴らしいから、意味を考えながら歌うとグッときてしまうので、
淡々と歌いましょう!

阿久悠さんは、何故こうも素晴らしい詞が書けるのか。

そんな事をついつい思ってしまう名曲です。

私はこの曲の「父親像」に強い憧れがあります。

人間の強さは、見かけや声の大きさや、ましてや腕力などではなく

静かな人間愛なんだと思わせてくれます。

どんなことも自分の中で解決をして、決して答えを他人に求めない。


古い浴衣を着て、毎日ドロドロになるまで遊び、家族で贅沢ではない食卓をかこみ

時に大人に怒られ、泣いて。

こっそり慰めてくれる母に甘えて。

そうやって、時間をかけてこそ、培われる人間像かな…と思います。

「~男になりたい」と歌詞では結んでいますが、

これは「そんな愚直な、俺のオヤジのようになりたい」と歌っているのだと

私は思っています。