ギター弾き語り

『少年時代』弾き語りしました

youtube第二弾をアップしました。

井上陽水氏の不滅の名曲「少年時代」です。

時間…かかった、かかった(笑)

どうしても、集合住宅のささやきになってしまう(笑)

昭和40年代の少年の遊び

「少年の遊び」と書いたが、一応私は少女でした。

戸籍上では少女で、生態としては少年だったと思います。

私が少女だという事を知らなかった近所の子どももいました(隣の兄弟)

なぜ、公衆浴場で入る玄関が違うのか?が不思議だったそうです。

昭和34年に生まれた私が、物心をもって遊んでいたのは40年代になってからでしょう。

45年頃からは、なんとなく「少年の遊び」は卒業したような記憶です。

  • ザリガニ採り
  • かくれんぼ
  • ケンパ
  • パッチ(メンコ)
  • 缶けり
  • 釣り
  • ビー玉
  • 他・即興の遊び

このどれかを、毎日帰宅後にやっていました。

夏休みは、この遊びのほとんどを時間に縛られずに興じていました。

ただ、この中で「ザリガニ採り」は一人で行けるので、単独か兄との二人連れが多かったです。

住宅地のすぐ裏が山の入り口で、そのすぐ先に沢がありました。

ここで捕ったザリガニを家に持ち帰って、自分で空焼きして食べました。

貧しい家だったので、オヤツなんていう習慣はないから、自分で用意したオヤツです。

今では絶対にしません。

ただ、沢でのザリガニ捕りは懐かしく、また行ってみたい思いはあります。

(過疎化していて、人家がなく、今では熊が出ると思うので行けませんが)

私はとりわけ、「けんぱ」と「パッチ」が好きでした。

パッチとは通常「メンコ」と呼ぶのだと、大人になってから知りました。

皆、自分の強い一枚を持っていて、その強い一枚を取られると、それを奪還するのに懸命になりました。

あの頃のパッチたちは、いつの間に、私たちの手から消えたのだろう。

ケンパの為に、平たい石を集めたり、牛乳瓶の底が何故かキレイにカットされていた物があって、それが手に入ると最強のケンパの武器になったものです(コマを進める道具として)

私は、オンナオンナした遊びが嫌いだったので、このようなゴム跳びなどはした事がありません。

何故か、近所に女の子がいなかったような錯覚もあります。

遊びが男の子なので、それなりのケガも多くしています。

体に残っているキズもあって、懐かしい勲章のような思いです。

夏の男の子

暑い夏。

寝苦しくて、汗もいっぱいかいて、寝相が悪くて、寝起きも悪い。

そんな「夏の男の子」は「寝ぐせ」がひどい。

はがす前のキャベツのようになっている。

それを全く気にもしないで、寝ぐせを揺らしながら歩いている。

ふわふわ揺れ動いている、その寝ぐせの頭を見るのが私は大好きだ。

夏を感じる瞬間である。

そんな大好きな頭を見ることなく、この夏は終わろうとしている。